Kalokagathiaカロカガティアは古代ギリシア語で「善にして美」という意味があります。
当法人は医療ニーズをよく機能する製品に組み上げることに力点を置いています。

設立主旨

当法人は未だ満たされていない医療ニーズを解決するため、医療現場と製造拠点の橋渡しとなるべく2012年5月21日に設立されました。同主旨に基づき、医療関連知的財産の取得、管理、活用を業としています。

設立背景

医療機器開発にあたっては医療ニーズ発掘、技術的解決可能性、市場調査、資金調達、製造拠点とのマッチングなど多くの段階があります。本邦では医療機器開発 パスの両端である医療現場と製造拠点で、医療現場には技術的解決可能性、市場可能性調査を軽視しやすい、製造拠点には手持ちの技術の活用に主眼があり医療 ニーズをとらえきれていないという特徴があります。

当法人では医療ニーズの製品化プロセスに一貫して関与することで、開発パスの両端を最短で結びます。

今後の展望

当法人では以下に掲げる医療ニーズに対する機器開発を行っています。

  • 鎮痛計(侵害刺激鎮痛バランス計)
  • 超音波ガイド下穿刺(USUプロジェクト)
  • 血管表示装置

法人格  一般社団法人カロカガティア

所在地  江東区亀戸

代表者  大西功(代表理事)

設立   平成24年5月21日

資本金  2,000,000円

事業内容 医療機器に関する知的財産権の保有、利用、管理

法人口座 一般社団法人カロカガティア 三菱東京UFJ銀行 亀戸支店 普通 0140916